「銀座のすずめ」の由来

「銀座のすずめ」とは、かつて銀座において、時を忘れ友らと粋に酔い、語り、夜を明かした酔人たちをすずめになぞらえて、名付けました。

この「銀座のすずめ」は、まさに、酔うことを愛し、楽しむ人々のために、すべての面で一つ上の新しいタイプの焼酎づくりをめざし、心を込めて造り上げた自信作でございます。

 

「銀座のすずめ」の原料へのこだわり

原料は、大麦と大麦麹100%を使用。厳選した原料を独自の製法で発酵させ蒸留したもので、清酒の名門酒蔵ならではの技術と製法により造り上げました。

仕込水についても九州最高峰の九重連山より湧き出る伏流水を地下250mから汲み上げたものを使うなど、すべてにこだわり、丹念に仕上げました。

 

「銀座のすずめ」の上品な味わい

「銀座のすずめ」の穏やかな香りと、柔らかな舌触りの飲み心地は、今までの焼酎のイメージを一新するこの上ない上品さです。その軽やかで優しい口当たりは繊細な日本料理との相性も良く、しかも、しっかり

とした麦焼酎本来の旨さも極めた新しいタイプの焼酎です。

焼酎ファンはもとより、女性にもおいしくお飲みいただける逸品です。         

大分麦焼酎
銀座
銀座のすずめ白麹
銀座のすずめ白麹
銀座のすずめ白麹